2021年のわたしたち(全体編)

目次/TOC

星の動きから観る動向

今後5年の動き

2021年の動きを述べる前に、今後5年間の長期的な動きを共有したい。

今後の5年の動きを見据えると、「その言葉の裏側の情報は、果たしてあるべき姿なのか?」を考えさせられることが多くなるよう。

2020年12月より木星と土星のサインが水瓶♒になり、重なり合う瞬間を経て「情報空間の接近と離反、情報を扱うことに対するチャレンジ」がテーマに。
※その後2021年12月末に木星のサインは魚♓になる。

2023年3月には冥王星のサインが水瓶♒になり、「そもそも『情報』とは何か」「『自由』とは何か」を考えさせるような、根本から変容する出来事が多くなっていくだろう。
※途中逆行する期間があり、サインが山羊♑になる期間(2023年6月中旬~2024年1月下旬)もある。
これは、魂の変化として「それでも情報の海・自由の揺らぎを飛び出して、我を通す」という獅子♌への思いを感じられる。
そしてその時々のドラゴンヘッドのサインがその方向へ辿り着くヒントになっていくに違いない。

2025年3月末には海王星のサインが牡羊♈となる。
それまで魚♓で共有したきた経験・思い・感情を元に、何かを生み出す使命感に駆られるかもしれない。
全体として新しいフェーズに突入する。

前回、冥王星のサインが山羊♑になった2008年1月、何が起きたかといえば、リーマンショックであった。
社会構造の変革を促すような根本的な変容は、この頃から起きていた。

これからは更に水瓶♒の面の別ベクトルの変容が起きていくだろう。
だからといって恐れず必要はない。
2021年から変革・変容を受け入れ楽しむ姿勢を身に付けることで、各々の人生が豊かなものになると信じている

2021年の動き

2021年で主に注視したい星(木星以上に特化)の動きは以下の通り。
(月ごとの細かな観点は、適宜「今月の占い」で記していく。)

  • 1月の天王星(牡牛♉)の逆行終了。
  • 4月の冥王星(山羊♑)の逆行開始。
  • 5月の木星のサイン水瓶♒から魚♓への移行、5月の土星(水瓶♒)の逆行開始。
  • 6月の木星(魚♓)と海王星(魚♓)の逆行開始。
  • 7月の木星のサイン魚♓から水瓶♒への移行。
  • 8月の天王星(牡牛♉)の逆行開始。
  • 10月の木星(水瓶♒)と土星(水瓶♒)と冥王星(山羊♑)の逆行終了。
  • 11月の海王星(魚♓)逆行終了。

※天王星(牡牛♉)の逆行は2022年1月に終了。

前半は2020年までに経験してきたことをベースに、スムーズに前進していくように見える。
4月以降逆行が重なる期間が長い。
斜め上の方向に展開していく可能性もあるが、それさえも楽しんでしまえば、何のこともない。
寄り道もわたしたちそれぞれの味わいになっていく。
それは今後のわたしたちの胆力になっていく、必要不可欠なもの。

わたしたちは生きてる限り、止まることはできない。
この時代を生きているということは、わたしたちが各々選んだのだ。
「変容」を楽しむために。
なら、一緒に笑って楽しもう!

サイン別メッセージはこちら

0

ブログ村

ブログ村に参加しています❗
宜しければポチっとお願いいたします🙇

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログサークル&人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています❗
宜しければポチっとお願いいたします🙇

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

Written by

しくじり占い師Rieを申します!

元SE・元占い館の占い師・元夜職の現実的な占星術師です★

大手SIerでシステムエンジニアを約10年(転職経験有り)、某大手占い館・某大手SNSにて占い師として約半年で約600件、その後某夜の街で約1年半。
日本含め、様々な国の方々の様々な人間模様を観てきました。
かつ、私自身も笑える破天荒な人生を経験してきました。

だからこそお聞きできること、そしてお伝えできることがあるかと思います。
「実は誰もが思い通りに生きている」

Comments

コメントする

CAPTCHA


目次/TOC
閉じる